あれば転職に有利な資格

>

どうして資格があると有利なのか

必須資格と呼ばれる資格たち

資格は大きく2つの種類に分けることができます。
1つはその職種に就くために必ず必要な資格で、必須資格と言います。例えば医療に関わる知識を要するものや、建築や建設関係の人の暮らしを支えるための技術が問われるものなど、私達の生活や生命に密接に関わっているものが多いです。
もちろんそうではないものもありますが、詳しくは後述で解説していきます。
そしてもう1つは必ずしも必要というわけではない、必置資格と呼ばれるものです。これらはその職種に就くために絶対必要というわけではないものですが、あれば有利に働くことも少なくありません。
中には事業を展開する上で、最低でも1人は必要という職もあるのでそういった資格を取得しておけば俄然有利になるでしょう。

代表的な必須資格

では、実際に必須資格と言われるものはどういった資格なんでしょうか。
例えば看護師や薬剤師、放射線技師のような医療関係のものが挙げられます。まあ、これは人の生死を左右するので当然といえば当然と言えます。近しいものでいうと、管理栄養士の資格も相手の健康状態を把握した上で献立を考えるので、必須資格に分類されています。
建築や施工管理、電気工事士もそれぞれの資格が必要になってきます。電気の配線や建造物の設営は人の暮らしに直接関わる分、シビアになるのも納得ですよね。
資格が必要なだけあってきちんとした知識や技術がなくては成り立たない職種が多い中、意外にもひよこ鑑定士、いわゆる「ひよこのオスとメスを見分ける仕事」も必須資格に入ります。しかも年齢制限や視力の下限もあり、なかなかに狭き門となっているようです。
余談ですが、熟練のひよこ鑑定士はそれなりに高給取りなんだとか。羨ましいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る