あれば転職に有利な資格

>

その他あると便利なもの

エンジニアの資格

今では時代の最先端と言っても過言ではないのが、システムエンジニアという職業。ニーズが高いだけあってやはり倍率は高いんです。では、ライバルたちに差をつけるためにはどんな資格があればいいんでしょうか。
まず最初に取っておくといいのは、基本情報技術者というものです。IT業界の基礎基本とも言ってもいいようで、就職の段階ではもちろんのこと、入社後に企業から取得することを勧めてくることも多いので、入社してからのスタートダッシュを切ることが可能です。
また、昨今ではサイバーセキュリティに対するリテラシーも高まってきています。情報処理安全確保支援士の資格は、いま正に重要性も注目度もうなぎのぼりに上がってきています。

その他のもの

それでは最後にそれほど重要ではないけど、あれば便利なものを紹介していきます。
FPと呼ばれるものは、個人の資産計画を立てるファイナンシャルプランナーの資格です。あれば金融系や不動産の業界で有利に働きます。
日商簿記検定は事務や経理はもちろんのこと、会計士や税理士の登竜門と言われている資格です。その道に進むのであれば確実に取っておきたいところです。
医療事務は資格がなくても始められる仕事ですが、そのぶん人気も高く必然的にライバルが増えてきます。医療事務の資格を取っていればライバルたちとの差別化が図れます。
ちょっとマニアックなものだと、危険物取扱者の資格が挙げられます。石油や科学のメーカーで一定の需要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る